契約書を取交わす(その15)

1365

(2) 契約書を取交わす(その15)


 ▼売買契約書の内容と確認事項


第21条 諸規約の承継
 物件がマンション(集合団地、住宅団地)で「管理規約」や「使用細則」などが定められている時に、それらを売主が買主に承継させるというものです。管理規約集の冊子があれば、引渡しまでに売主から買主に渡しておくのが一般的です。

第22条 協議事項
 契約書に定めていない事項や、契約書各条項に定められていても規定の解釈上見解が分かれた際に生じた問題について、民法などの法令及び不動産取引の慣習にしたがって当事者が誠意を持って協議し、解決していくことを定めたものです。実務上、契約後に当事者間で新たな取り決めをしたら、この規定に基づいて「合意書」「念書」「覚書」といった書面を作成し、後日に紛争を起こさないようにします。例えば、ローン特約の期日が延長になってしまったら、覚書などの書類を交わして当事者間の同意を書面にします。