重要事項説明の内容とチェックポイント(7)

1318
当該宅地建物が土砂災害警戒区域内か否か

 急傾斜地などの崩壊が発生した場合に、警戒避難体制を特に整備すべきとして行政より指定された区域のことを

土砂災害警戒区域といいます。物件がこの区域にある場合は重要事項説明書においてその旨を説明することに

なっています。


アスベスト(石綿)使用調査の内容に関する事項

 アスベストの使用調査がしてあるか、していないか、調査をしていればどのような調査方法なのかという内容が記載され

ています。木造建築物など鉄骨を使用していない建物の売買の場合は、該当なしと書かれます。