重要事項説明

1014
 取引条件が決定すると、今度は仲介業者(もしくは売主である不動産業者)から重要事項の説明を受けます。

 この制度は、顧客の保護と取引の安全確保を図ることを目的に宅地建物取引業法35条に定められています。 
1015
 契約が成立するまでの間、不動産業者は購入者など取引きの当事者に対し、契約するか否かの判断を行うのに重大な

影響を与える事項について、取引士証を提示のうえ、重要事項を記載した書面を交付して、宅地建物取引士に説明させ

なければなりません。その物件を買うか買わないかを最終的に判断するための最も大切なことですが、実務上、売買契

約締結の直前に重要事項説明が行われることが多いのが実態です。特に重要事項説明を必要とする中古物件にこの傾

向が強く、後日トラブルを招く原因にもなります。そこで、重要事項説明書のコピーを契約締結の数日前には、必ず仲介

業者などから取り寄せ、徹底的に読込んでチェックし、当日は納得がいくまで説明を求めるようにする姿勢が大切です。