住宅ローン 返済プランの目安(土呂駅前 西口 不動産管理)

こんにちは!

日本では4月に入ると入学、就職、転勤など生活の
変化が多い月でもあります。

わが社でもご多聞に漏れず、私は賃貸部門から売買部門に
移動になりました。
移動といっても社員数が多い訳ではないので、必要に応じて
賃貸も行うという感じです。

今は見習いとして、物件調査、情報収集に努めております。

読売新聞で、「住宅ローンの返済プランの目安」について、ファイナンシャルプランナー
から提案がありましたので、ご参考までに紹介させて頂きます。

我々不動産業者もお客様が住宅を購入する場合、年収の20%を基準に
ご検討されるのがよいとアドバイスをすることはありますが、
実は購入後にかかる費用について説明していないことが多いと思います。
(夢のマイホームというくらいですから、説明すると
 購入できる物件がどんどん下がって夢ではなく、現実のみとなってしまう為です)

私としては、最終判断はご購入者が下すとしても、リスクや掛かる費用については
やはり話をしておくべきだと思っています。

<4月12日(木)読売新聞の記事参照>

以下ご入居後に掛かる費用
毎月の住宅ローン【返済】
それ以外にマンションの場合は、「管理費」「維持修繕積立金」
固定資産税(1月1日現在の課税標準額の1.4%)軽減措置あり
都市計画税(1月1日現在の課税標準額の0.3%)軽減措置あり

私も住宅購入に関して、よほどの思い入れや借金が仕事をする上でのモチベーションに
なるという強い意思のない方は、無理は禁物で少し余裕をもって、ご購入頂く
くらいがちょうど良いのかなと思います。