中古建物の調査その4

1446

中古建物の調査その4

 物件調査に訪れた時に、確認しておきたいポイントを説明します。ここでは、主に木造アパートについて記載します。

④ 小屋裏

 小屋裏に点検口がある場合、必ず確認しましょう。点検口がないケースでも、押入れの天井が外せるようになっている

ことがあります。小屋裏のチェックポイントとしては、まず雨漏りのシミ跡。もしコレが見つかった場合、屋根の防水に問題

があることが考えられます。ですから、ふき替えを検討しましょう。

 次に、断熱材の施工具合も重要です。正しく入っているか確認して下さい。また、屋根裏の状況も全体的に把握してお

きましょう。屋根の勾配が急な場合、火打ち梁や振れ止めなどがあるかどうかも大切です。平面剛性が弱いため、しかる

べき補強をしなければ強度や耐久性に懸念が残ります。