中古建物の調査その8

1450
中古建物の調査その8

 物件調査に訪れた時に、確認しておきたいポイントを説明します。ここでは、主に木造アパートのドア、窓、バルコニー

について記載します。

⑧ ドア、窓、バルコニー


 ドアや窓は、防犯性について簡単にチェックしておきましょう。これらは、侵入者の主要な侵入経路です。必要であれ

ば、カギの数や種類を増やすことを検討します。また窓は、外から見た時に隣家との高さや空間の関係から、進入しやす

い位置にないかどうかが重要なポイントです。最近は遮音性や断熱性に優れたサッシやガラスも出ています。ご自身の計

画に合わせて、取替えも検討しましょう。

 次にバルコニーです。バルコニーが2階にあるケースでは、防水や排水に問題があると雨漏りの原因になるため注意が

必要です。まずチェックしておきたいのが、バルコニーの床面全体に適切な勾配がとれているかどうか。コレがとれていな

い場合、雨水がキチンと流れずに水が溜まって雨漏りの原因となります。また、防水のモルタルや塗装の状態はどうなっ

ているでしょうか。磨耗していたり、傷がついていたりすると、やはり雨漏りを引起こします。さらに、排水溝の詰まりなども

チェックしておきましょう。枯葉やゴミが詰まっていると雨水が上手く流れません。