投資エリアの分析(人口動態、収益性、維持管理)

1415
投資エリアの分析(人口動態、収益性、維持管理)

 将来の街の発展性もゆくゆくは、家賃相場に大きく影響します。したがって、事前に人口動態や世帯数の増減、住宅着

工戸数や持ち家比率などのデータを収集することも大切です。また、エリアによっては、鉄道や道路の整備計画、駅前

の再開発が計画されている場合があります。これらの情報はそのエリアの自治体などに問合わせると良いでしょう。特に

新駅の計画や駅前再開発などは、街を大きく変える一大事業なので要チェックです。


① インターネットでの調査方法

1) 市町村の人口推計データを調べる

 「小地域簡易将来人口推計システム」と検索エンジンに入力し調べます。

2) 市町村別の世帯数・持ち家比率を調査する


 「総務省統計局→人口・世帯→国税調査→統計表の一覧→都道府県市町村別統計表」の順にたどります。

3) 一世帯あたりの人口を調査する

 市町村の人口÷市町村の世帯数=世帯あたり人口

 世帯あたりの人口を求めることで、核家族が多いのかファミリーが多いのか調査可能です。この数字を意識し、投資

物件を選定することが重要です。