不動産投資のステップ(5)

1396

▼物件取得までの流れ

STEP1ライフプランを立てる(その3)

(3)不動産投資は月々の希望手取額で考える


 これから不動産投資を始める人に「あなたの不動産投資を行う目的は何ですか?」と聞くと、すぐに答えが返ってくることはほとんどありません。すぐに答えられない人の多くは、中古アパートを買って大家さんになれば収入が増えて生活が豊かになると考えているようです。したがって、多くの人は「アパートを買う」ことが不動産投資の目的になってしまいます。
 実は、ここに不動産投資の一番大きな落とし穴があります。資産を増やすことに集中してしまうと多くの場合、投資額の大きさに目を奪われてしまい、本当に重要な判断基準が見えなくなってしまうのです。
 これは、投資額が大きければ得られる収益も多くなると考えてしまうのが原因です。ところが、手元に残るキャッシュフロー(CF)の金額に注目していないと、不動産投資の最大の落とし穴があり、経営の危機に陥ってしまうことがあります。
 したがって、不動産投資を始める際には、まず個々のライフプランに応じた目的を明確にしなければなりません。そして、もし不動産投資の目的がCFを増やすことであれば、その投資額に注目するのではなく、月々いくらのCFが必要なのかをベースにして投資計画を組立てることが重要になるのです。

次回以下の事をお話しします。
▼得たい家賃収入から投資規模の目安を立てる(収益還元法)
▼毎月の希望手取り額から投資規模の目安を立てる