不動産投資のメリットとデメリット12

1388
不動産投資のデメリット(その6)


⑦ 不動産価格の低迷リスク

 投資不動産の資産価値(市場価値)が下がった場合、安定した家賃収入(インカムゲイン)を受取ることはできていても、いざ物件を売るとなったらマイナス(キャピタルロス)が発生する場合があります。
 地価は現在「多極化」の様相を呈しています。地価が安定している地域もあれば、今後まだまだ下がり続けるエリアもあります。したがって、どの立地に物件を所有するのかで、将来の価格低迷リスクも大きく違ってきます。

 人気が薄いエリアは安く買うことができますが、実際売る時や家賃収入も安いかと思われます。購入する時は安いからと言ってすぐ購入せずよく検討することが重要です。しかし、本当に良い物件が安くでる場合もありますので、いかに早く検討することが大事になってきます。