物件調査を行う際のポイントその2

1428

物件調査を行う際のポイントその2

② 物件の詳細情報を入手


 不動産を購入するためには、様々な情報を入手しなければ総合的な投資判断ができません。実際に買付判断をする

際は、以下のような情報が最低限必要になるので必ず入手するようにします。

(不動産業者で入手可能なもの)

都市計画図、住宅地図、公図、登記簿謄本、路線価、測量図、固定資産評価証明、賃貸借契約書、家賃明細、

管理規約、公示地価、建物図面など

(自分で調査ができるもの)

都市計画図、住宅地図、公図、登記簿謄本、路線価、公示地価、測量図、賃料相場など