物件情報の収集その2

1421

物件情報の収集

 インターネット


 インターネットは、今や膨大な物件情報が日々更新され情報収集に欠かせないツールとなっています。各種、不動産

ポータルサイトなどで、膨大な情報を収集できるわけです。インターネットでは、地域、路線、利回り、間取りなどの検索条

件から希望の物件情報を絞り込むことも可能で、効率的に探すことができます。取得条件に見合うような物件がいくつか

見つかったら、取扱っている不動産会社に問い合わせて資料請求を行います。
1422

不動産業者

 既に狙いのエリアなどが絞り込めている場合は、その地域で営業している不動産業者に直接コンタクトをとって情報提

供を依頼する方法も有効です。
ただし、市場に出回る前のいわゆる「掘り出し物件」の情報を得るためには、不動産業者

と厚い信頼関係を築いておくことが大切です。また、インターネットなどで物件情報を収集したのち不動産業者に問い合

わせてみたところ、既に成約済みになっている場合もあります。その時はそのまま引返すのではなく、その場で望む物件

の取得条件を伝え、もし条件に合う物件が出てきたら紹介してもらえるように依頼しておきます。このように多くの不動産

業者に接し、繰返し購入の意欲や欲しい物件の条件を提示しながらコミュニケーションを図っていくことが重要です。

・絞ったエリアに店舗を構える不動産業者に出向き、情報提供を直接求める

・電話帳、不動産業者リストを使い、電話で情報提供を求める

・ハッキリと望む物件の取得条件を伝えておくことが重要