賃貸アパート購入の手引き 現地の確認

 みなさんこんにちは、高橋です。

今回は賃貸アパートを購入する時、その賃貸アパートの周辺環境等について調査する必要があります。

その調査する内容について説明いたします。
駅イラスト


①ターミナル駅からのアクセスを確認 

 基本的に現地調査では電車、バスなどの公共交通機関を利用して現地に向かいます。大きなターミナル駅からのアクセスはどうか、何線で何駅目で何分なのか、急行が止まる駅か。さらに、朝夕の時間帯の電車の本数も確認しましょう。 

② 基本は徒歩で最寄り駅からの距離を確認
 

最寄り駅からは徒歩で物件まで向かいます。マイソクには「徒歩10分、800m」と書いてあるのに、実際はそれ以上かかることもあるからです。広告などの物件情報に書かれる徒歩時間は「80m=1分」と表示することが定められています。駅からの所要時間が分かると物件までの距離を割出せるので知っておくと便利です。 

③ 街の様子を確認 

 コンビニやスーパー、銀行、レストラン、病院、薬局、公共・娯楽施設などがあるかどうか、物件の周りに嫌悪施設などがないかどうか、入居者の視点から周辺の街の様子をチェックします。入居の募集ができる不動産業者が何軒あるかも確認し、同時に同じような物件が売り出されていないか必ず見ておきましょう。