① 区分所有法とは

1454
(1)区分所有法

 ① 区分所有法とは

 分譲マンションやオフィスビルなどのように、一棟の建物に構造上区分された数個の部分で独立して住居、店舗、事務

所または倉庫その他の建物として供することができるものがある時は、その各部分をそれぞれ所有権の目的とすること

ができます。これを区分所有権といい、区分所有権に関する権利と義務を規定した法律が区分所有法です。

◀ 正式には「建物の区分所有等に関する法律」という。